胃腸外科診療、ペインクリニック、巻き爪、治療、かかりつけ医をお探しなら東京都の南烏山クリニック

メインイメージ

胃腸外科疾患

以下の症状の場合は、消化器疾患の恐れがありますので、一度ご相談ください。

【症状】
  • ⇒胃もたれ・胸やけがする
  • ⇒お腹がすくと胃のあたりが痛い
  • ⇒食欲がなくなった
  • ⇒腹部が刺すように痛い
  • ⇒腹痛があり、虫垂炎を疑える
  • ⇒発熱・腹痛・下痢・嘔吐がある
  • ⇒急に痩せた
  • ⇒おならが頻繁にでる
  • ⇒大便に血が混じる
  • ⇒下痢が長く続く

胃もたれ・胸やけ

  • 上腹部不定愁訴
  • 詳しい問診が必要です(特に食事摂取との関係)
  • 身体理学所見(触診・聴診など)
  • 一般検査を行います。

消化器病の精密検査がうけられます

イメージ01

当院では、最新型の電子内視鏡を設置しております。先端技術の多画素高密度CCDを使用していますので、食道や胃の画像が従来の内視鏡よりも鮮明にハッキリとカラーテレビで診る事ができ、小さな病変も見逃しません。

患者さんは、寝台に横になりラクな姿勢で、リラックスしながら安心して受けていただけます。